2008年10月19日

【ToV】プレイ日記その10(ダングレスト)

次の目的地に出発する前にちょっと思い立ったので、
エステル、リタ、カロル、ラピードの特技のカウントを稼ぎつつ、
材料の許す限り料理を繰り返してみる事にしました。
後々を考えてある程度は熟練度を上げておこうかなと。

ひとまずエステルの熟練度を上げていったところ、
からあげポテトからスコッチエッグを編み出したらしい。
作りたくてもトマトが売ってないのでここは保留。
続いてユーリでサンドイッチを上げたら牛丼開発。
ってどの辺に関連性があるんだ!(笑)

うーむ、この辺始めると収拾が付かないのかしら。
最終的には全員全料理マスターとかありそうだし、
気が向いた時にちまちま上げて行ってみるかな。
まずはキャラを絞って順次上げていってみます。

ついでに各キャラの特技を色々試してみる事に。
フェイタルストライクやバーストアーツも狙ってみます。
リタの魔法以外の特技が名前も動きもなかなか面白い。
通常技が連続で出せないのでなかなか繋ぎにくいけど。
カロルの特技はなかなか便利だし強いですね。
カウントも気になるのでたまに操作キャラ切り替えてみるかな。

そしてフェイタルストライクは全然出せません。
もちろんバーストアーツなんてもっての他。
だって出す前に敵倒しちゃうんだもん(笑)
まぁそのうち存分に使える局面が来るだろう。

戦闘を繰り返しつつダングレストに到着。
町に入る前にちょっと資金を稼ぐかなと思い、
回復アイテムが尽きるまで戦闘することにします。
そしたらようやくフェイタルストライクに成功。
初めてフェイタルストライクを決めたの実績が解除されました。
狙って出せるようになるのはまだまだ先だな。

更にユーリでシャーベット作ってたらプリンを開発。
何故ユーリがそんなものを編み出すんだ(笑)
ヒントなしだとレシピ全部揃えるのも結構大変そうだなぁ。

さて、ダングレストに到着。
カロルの故郷はここらしい。通りで色々詳しい訳だ。
世界観はカロルの実地の知識と情報でカバーして、
エステルが本で得た知識で補足するのがパターンってところか。

町中を歩いている内にイベントが進行。
結界が消えて町中に魔物が雪崩れ込んできたらしい。
ひとまずいましかいけない場所があるかもしれないので、
ウロウロしていたらユニオン本部でワンダーシェフ発見。
ミネストローネを教えて貰いました。
料理がモリモリ増えていくから大変そうだ( ^ω^)

その後イベントを進めてイベントバトル連発。
スペクタクルズも忘れず使って順調にこなします。
フレンやギルドユニオンの長、ドンも出てきて役者が揃った感じ。
ついでにレイブンのおっさんまで出てきたけど(笑)

結局ドンに会えなかったのでひとまずケープ・モック森林へ。
多分そこで鉢合わせするパターンじゃないかな。
ただなぁ、本部に牢屋があったんだよなー。
使わない場所が出てくるとは思えないんだが果たして…
posted by Air-Wind at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ToV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21624307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック